JCSS校正

JCSSの概要
JCSSとは、Japan Calibration Service System の略称です。
1993年11月に校正事業者認定制度として運営が始まり、2005年7月1日に校正事業者登録制度と変更されました。
JCSS登録は、国家標準化機構、及び国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合していることが条件となります。
校正を実施するために必要な品質システム、校正方法、不確かさの見積り、設備が適切であるか、また品質システムが適切に運営されているか等の書類審査、及び現地審査が行われて登録されます。
国際MRA対応のJCSSの標章効果
国際相互承認に参加している認定機関の間では、国際MRAのシンボルマークが入った校正証明書は、相互評価(ピアレビュー)されているため、国際的に適合したものとして評価されます。
当社の発行しますJCSSシンボルマーク付き校正証明書は、ILAC/APLACのMRAを通じて国際的に受け入れが可能です。
JCSS校正検索
当社は、MRA対応JCSS認定事業者です。
現在は「一軸試験機」、「ロックウェル硬さ試験機」、「はかり」の三種類の認定を取得しています。